傾向から学ぶ看護師の転職

離職率の低い職場に勤めていると、転職というものを意識することは少ないですが、実際看護師の転職は増加傾向にあると聞きました。看護師転職サイトなどのサポートを行うものが充実してきたお陰で、転職に対するハードルが低くなったのではないか、という考えも耳にしたことがあります。ある程度仕事にも慣れてくるというのが先ですが、若いうちはやはりスキルのアップを目指して転職する人が多いようです。大学病院や県立病院などというところで、救命救急やICUなどの特殊な診療科目を希望してみたり、とにかく転職に経験の充実を求めるのだそうですね。色々なスキルをつけることを目的としているので、長く勤める職場を探す転職ではないそうです。若いうちはそういう経験を積むことが大切、新しいことへの挑戦は、その時にしかできないからというのは先人の談です。ある程度仕事に慣れてくると今度は比較的業務が緩やかになる、個人病院への転職を希望する様に変化してくるということからも、傾向というものが理解できます。収入面や勤務時間の融通、職場の人間関係が充実しているかという点で、転職先を選び出すのもこのころなのだとか。周囲に倣う必要は必ずしも無いのかもしれませんが、一般的な傾向というものを知っておくのは大事なことだと感じました。自分に今何ができて何が出来ないのか、そのときそのときにしかできない経験を重ねていけたらと思います。

医師が転職を繰り返す理由

私自身もそうなのですが、医師が転職を繰り返す理由のひとつには、やはり「医師は転職に困らないほど、多数の求人が出ている」ということがあげられるでしょう。ですから、たとえば旦那の転勤先の土地でも、わりと苦労なく新たな就労先を見つけることができますね。医師として働ける場所は、なにも病院だけではありませんから。高齢者の介護施設や児童福祉施設でも、医師免許での求人はありますね。それに、パート労働にしても、医師は時給が高いですし、求人も結構出ていますので、本当にこれまで転職先に苦労したことはありませんね。ただ、細かい条件に関して言えば、それは大都会における医師の求人の方が条件が良かったりはするのですが、しかし田舎でも医師だけは他の資格職と比べると、割り合い条件が良い求人が出ていますので助かります。それに、これは「ぶっちゃけ話」なのですが、数年で転職することによって、あまり責任の重い場所には配属されないので、実は内心助かっています。あまり大きな声では言えませんが。私は転勤族の旦那について医師の転職を繰り返していますので、あらかじめ数年で移動することは言っています。けれどそれでも、医師の場合は採用されるので、ありがたいのです。なおかつ「数年でやめる」という条件がありますので、あまり責任の大きいところには配属されないので、気持ち楽に働けています。